×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AreaEditor
対応OS : Windows NT4.0/98/98SE/Me/2000/XP
対応ブラウザ : Internet Explorer 5.5以上
作者サイト : AreaEditor - 特徴 - IburiWorks
AreaEditor

掲示板の投稿欄程度でしたら、ブラウザ上で記入後、投稿すれば事足りるケースがほとんどですが、ブログなどで長文になったり、回線が混雑していて、途中で切れたりすると面倒で泣くに泣けません。
そんな時の為に「AreaEditor」を使って投稿時に編集エディタを自分の好きなエディタに設定しましょう。
私は今までエディタで編集して、それをコピペして投稿していましたが、これを使ってからはその手間も省けるようになりました。

ブログで投稿する場合はHTMLタグや、CSSを個人的に使ったりするので、私は、エディタとして「Oedit」とHTML作成エディタ「HTML Project2」を登録してケースによって使い分けています。
途中で何らかの事情で中断しても、一時ファイルがバックアップされていますので、再開時にもう一度読みこめますので、最初からすべて書き直し・・・などという悲劇に遭わずに済みます。

・テキスト編集エリアから外部エディタを起動
・Internet Explorer上のテキスト編集エリアにおける右クリックメニューに編集メニューが追加され、外部エディタを簡単に起動できます。
・外部エディタで上書き保存操作を行うと、自動的にテキスト編集エリアに変更内容が反映されます
・既存のファイルを選択し、テキスト編集エリアに直接流し込むこともできます。
・複数のエディタを登録しておき、テキストのタイプに応じて切り替えることができます。

Internet Explorerでなくても、Internet Explorerを利用した、タブブラウザでは使えます。

ブログで長文を書いたり、タグを使いたい方にはお勧めです。