×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

清水焼(お湯飲み/汲み出し/カップ)
バナー

清水焼〜お湯飲み/汲み出し/カップ〜

和食器から清水焼きの「お湯飲み/汲み出し/カップ」の紹介
HOME>和食器・陶磁器>清水焼き:お湯飲み/汲み出し/カップ

清水焼〜お湯飲み/汲み出し/カップ〜



着彩紅葉汲出碗

加藤 芳山 作

京都の秋、紅葉の色づく様子が丁寧に描きこまれています。紅葉は陽が当たるところから色が変わっていくとか。

この器の紅葉も、赤いものから、薄い赤、黄色を含みグラデュエーションをかけたものとなっています。

黄交趾 ボタンの丸お湯飲み

高島洸春窯

京焼・清水焼といえばこれ!いうくらい代表的なデザインで、ファンが大変多く、昔から交趾焼専門の窯としてお仕事されてきました。京焼清水焼のやきものが、ほかの窯業地の追い上げをうけていると言われる中で、交趾焼は、他の産地の追随を許さないといわれています。

青釉と桜色のお湯飲み

林山窯

林山窯といえば土物で有名な炭山の窯元で、手ごろなお値段の器を多く作られています。清水焼は高くてチョットという方や修学旅行生がたくさん家族のお土産に購入されます。リーズナブルなのに丈夫で軽く使いやすいの。

コスモスのお湯飲み

雅楽窯 作

雅楽窯といえば、赤土の素焼きの生地にイッチンで桜や紅葉を描いたものが多いのですが、こちらは、その比較的新しいバージョンのデザインとなります。

薄つくりの生地にコスモスの絵付けがされた京焼のお湯のみ。大変軽く、縁が沿ってるので使いやすい

焼き締めのお湯飲み

高田 雅楽 作

軽くて使いやすいですヨ。 ほうじ番茶より 煎茶によく合う湯のみです。

焼き締め土瓶と一緒に、雑誌「Hanako(ハナコ)」「じゃらん」などの数々の雑誌に掲載していただきました。作り手は、業界でトップクラスの腕前を持ちます。

百福のお湯飲み

浅見よし三窯

五条坂のとても有名な窯元、浅見よし三さんの百福の汲み出し碗です。(京都では百福と書いておふくと読みます)

土物の柔らかい感じとお福の柔和な顔とがベストマッチする超有名なお茶碗です。御茶道具などでよく使われる、貫入の入った白い生地に、黒一色で表情を描いて、最後に口元にだけ赤で紅を入れて、お福の表情を一つ一つ絵付けしています




↑TOP↑

HOME