×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

清水焼(小皿/中皿/大皿 楕円皿/角皿/飾皿)
バナー

清水焼〜小皿/中皿/大皿 楕円皿/角皿/飾皿〜

和食器から清水焼きの「小皿/中皿/大皿 楕円皿/角皿/飾皿」の紹介
HOME>和食器・陶磁器>清水焼き:小皿/中皿/大皿 楕円皿/角皿/飾皿

清水焼〜小皿/中皿/大皿 楕円皿/角皿/飾皿〜



雲錦の皿

加藤 芳山 作

磁器に、桜と紅葉いわゆる雲錦模様が絵付けされた皿。桜と紅葉の2つを描いていることによって季節を問わずお使いいただけます

呉須の色は濃くこげた感じ。大変手間が要るので、一日に何枚も絵付けできないからこの値段です。

染付山水輪花皿

土山 松泉 作

中国の水墨画に出てくる山紫水明の様子を絵付けしています。外側は手慣れた筆使いで一気に宝尽くし模様でしょうか。

高台の中は飛びカンナと言って、削りの際、カンナの跡を残して手仕事である証をつけてあります。その飛びカンナもよく見ると均等な間隔でついています。

高山寺鳥獣戯画の角皿

松斎 作

角皿は7寸角(21cm)の大きさで、メインプレートにしたり、おかずをいろいろ盛ってみたり、使い易いものとなっています。また縁が立ち上がっているので、パスタなどの相当な汁物にもお使いいただけますヨ。磁器ですので、丈夫で、汚れが付かず、また重なりがよく収納に便利です。

お福の銘々皿

浅見よし三窯 作

御茶道具などでよく使われる、貫入の入った白い生地に、黒一色で表情を描いて、最後に口元にだけ赤で紅を入れて、お福の表情を一つ一つ絵付けしています。そのため、器によって表情が微妙に違うんです

刷毛目の皿

林山窯 作

上に、白化粧を使って刷毛目模様をつけています。その刷毛目のラインにところどころ赤や鉄粉の黒い粒が焼き味となってこのお皿に、温かみと味わいをあたえています

粉引きの角皿

昌久窯

手触りつるつるだが小石のはぜたところだけ引っかかりあり宇治の炭山にて、親子で仕事をされている船原昌久さんの粉引きの角皿です。

昌久窯といえば、刷毛目や立ち鶴などの朝鮮の陶器を写した作品が多く、味わいがあり、そのやわらかい色合いから作り手の朴訥とした優しさが伝わってきます。




↑TOP↑

HOME