×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

清水焼(酒器/徳利/盃/おちょこ/ぐい呑み)
バナー

清水焼〜酒器/徳利/盃/おちょこ/ぐい呑み〜

和食器から清水焼きの「酒器/徳利/盃/おちょこ/ぐい呑み」の紹介
HOME>和食器・陶磁器>清水焼き:酒器/徳利/盃/おちょこ/ぐい呑み

清水焼〜酒器/徳利/盃/おちょこ/ぐい呑み〜



染付秋草の酒器セット木箱付き

徳利1本とお猪口2つをセットにし、木箱にお入れしてお届けします。時代劇の居酒屋で出てくるような、貫禄ある雰囲気の酒器セット。

落ち着いた藍で、京焼清水焼の定番の”日本の秋の原野”が描かれています。とても軽い仕上がりなので、中身が入ってるかどうかは、中をのぞいたり振らずに、持ち上げただけでわかります

祥瑞丸紋酒器(徳利・盃)

伊藤 春晃 作

清水焼を代表する窯の作品で、手抜き無く、祥瑞模様がびっしり描いてあるのが必見です。

徳利は、手で持って丁度いい大きさです。 盃も、薄手で口縁が反り加減になっており持ちやすいです。注ぎ口の辺りに瓔珞模様があるので高級品の証拠です。

粉引豆徳利 赤とんぼ

赤いとんぼの絵付け模様は昔から京都では大変人気があり、豊年の年に飛ぶ虫とされたり、武士の兜の飾りに使われたりする縁起の良い虫とされています。柔らかい風合いが人気の粉引きの徳利。落ち着いた赤い色でとんぼが品良く絵付けされています。

高盃足 山水のぐい呑み

京泉窯

京焼業界を代表する大きな窯元が作られた、ぐい呑みです。生地が非常に薄作りです。飲み口も薄いので、口当たりが良い。山水、花鳥、七宝詰めが絵付けされた大杯。

流水桜の盃(ぐい呑み)

正峰 作

薄い呉須の色で描かれているのは、桜と紅葉が滑らかに川を流れている、涼しげな様子です。薄いぼかし入っているので、川に浮かぶ様子を強調してあるのが、手にとって見ると、わかります。

紅葉の練りこみ盃(青)

恭泉窯

紅葉の葉を焼き付けたお酒の器です。盃に酒を注ぐと葉っぱが浮かび上がったように見えるんですよ。写真の通り、やさしいブルーカラーで、涼しげな盃に仕上がっています。よく見ると葉脈まで器に移しこんであります。




↑TOP↑

HOME