×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CAD利用技術者の資格取得講座・スクールをさがす

CAD利用技術者

CAD利用技術者試験は、情報化社会のなかで、コンピュータ操作技術と知識を持ち、設計者が描いた図面をより正確なものにおこしたり、構造上の問題のチェックを行うCAD利用技術者を(社)日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会が認定する試験。


試験は、3次元CADシステム(製造・機械系)を利用して、主としてモデリング・設計などの業務に従事する人を対象にした「3次元CAD利用技術者試験」、CADシステムを操作するうえでの知識や技術を問う「CAD利用技術者1級・2級試験」、CADシステム基礎知識を問う「CAD利用技術者基礎試験」の3つに分かれている。


「3次元CAD利用技術者試験」は90分の筆記試験と2時間以内の実技試験からなり、実技試験では空間把握能力や2次元図面からの作図能力、部品組立能力などが試される。


「CAD利用技術者1級・2級試験」の1級試験は2006年度より「建築」「機械」の選択制が採られ、建築設計図面の作製や機械部品の作図など、それぞれの技能を問う実技試験と、専門知識を問う筆記試験が行われる。


2級は筆記試験のみで、1級は1年以上、2級は半年以上の実務経験者を想定して行われる。「CAD利用技術者基礎試験」の実施は随時。各々の試験についての詳細は、協会のホームページで確認のこと。


★設計事務所などの特別手当の月額 5000円〜1万円


受験資格

制限なし(一部あり) 「3次元CAD」「基礎試験」は誰でも受験できる。「CAD利用技術者1級試験」の1級は2級保持者のみ。ただし1・2級の併願は可。

学び方

スクール、通信講座、参考書 初心者はスクールでCADを使いながら学ぶ。CAD経験者なら通信講座や協会発行のガイドブック、市販の参考書を使った受験対策を。

取得期間の目安

3カ月 「CAD利用技術者2級試験」の場合。夜間のスクール授業料は約10万円。

受験費用

5000円(2級) 「CAD利用技術者2級試験」は5000円、1級は1万4000円、併願は1万7000円。「3次元CAD」は2万円、「基礎試験」は4000円。

試験時期

6月、11月(CAD利用技術者試験) 「CAD利用技術者1級・2級試験」は6月と11月の年2回。「3次元CAD」は7月と12月の年2回。「基礎試験」は随時実施されている。

合格率

45.2%(2級) 05年6月に実施された「CAD利用技術者2級試験」のデータ。1級の合格率は18.2%。1級の合格者数は718人、2級は4722人。

取得者の傾向

CADシステムの普及とともに、初心者でも学べるスクールの増加などの理由から、技術を身につけようとする学生やOLなど、男性だけでなく女性の資格取得者も多い。




↑TOP↑

⇒HOME⇒