×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ひまわり証券】の外国為替証拠金取引「マージンFX」デイトレード口座の紹介
【ひまわり証券】のデイトレード口座

【ひまわり証券】のデイトレード口座

外国為替証拠金取引を「マージンFX」と名付け、1998年に国内で初めて個人投資家向けにサービスを開始したひまわり証券の外国為替証拠金取引(マージンFX)を紹介

HOME>【ひまわり証券】のデイトレード口座

ひまわり証券の外国為替証拠金取引


外国為替取引マージンFX(米ドル/ユーロ/イギリスポンドなど全30通貨ペア)
ひまわり証券の外国為替証拠金取引(マージンFX)

ひまわり証券は外国為替証拠金取引を「マージンFX」と名付け、1998年に国内で初めて個人投資家向けにサービスを開始しました。「マージンFX」はひまわり証券の登録商標です。

■ マージンFX概要

オンライン取引

ディーラー感覚で取引できる新しい発注方法「クイック・トレード」 機能を搭載。注文画面からだけではなく、レート表示画面からも スピーディーに注文が出来ます。

証券口座と振替ができる

証券口座と共通のログインID・パスワードで両方の取引が可能となるばかりでなく、オンラインでの証券口座・マージンFX口座間の資金振替にも対応できます。

30通貨ペアの豊富な取引バリエーション

業界トップクラスの30通貨ペアに対応。収益チャンスが広がります。

初めての外国為替取引

ひまわり証券は外国為替取引を手軽にご利用いただくために、ローコストで証拠金方式(総取引金額の2〜5%の資金)で運用できる外国為替取引 「マージンFX」 を国内の金融機関に先駆けて実用化しました。

スワップ金利でコツコツ貯める

スワップ金利とは各通貨間の金利差のことです。
例えば、日本円と米ドルの金利を比較した場合、日本円が約0.001%に対し、米ドルは約2.50%(2005年2月25日現在)と米ドルの方が高くなっています。この場合、より金利が高い通貨である米ドルを買う取引を行うとスワップ金利を受け取ることができます。

為替の値動きを利益にかえる

株と同じように、為替も毎日値段が動いています。安いときに「買」って高いときに「売る」。基本はまったく同じことです。

■ 外貨預金との比較

取扱い商品が豊富

外貨預金に限らず外貨建て商品を効率的に運用するには「為替手数料」を抑えられるかが決め手になります。損益分岐となる為替レートはひまわり証券の外国為替証拠金取引(マージンFX)の方が有利になります。

■ 証拠金

お取引に必要な資金は総取引金額の5%なので、少ない資金で効率よく運用できます。

BOE(バンク・オブ・イングランド)方式を採用
BOE方式とはお客様のお持ちになっているポジションに対し適正な証拠金額、つまり必要最小限の最適な担保額をその都度計算し設定するものです。

■ 取引の特徴

取引時間は自由

満期も解約手数料もありません!
取引には期限がありませんから当然、定期性の外貨建て金融商品のような満期や解約手数料等はございません。

マージンFXは通貨スポット取引を日々ロール・オーバー(乗り換え)しますので、その結果期限というものがなくなります。したがって期限を気にすることなく、マーケットの変動に応じた売買をすることができます。また、ポジションを持ったその日のうちに決済することも可能です。

安いコストで売買

あなたが知っている為替手数料と比べて下さい!
銀行や証券会社では通常1ドルあたり50銭〜1円の為替手数料(売買コスト)が必要となりますが、マージンFXではその1/5〜1/10で済みます。 また、日計りならさらに安い売買コストでお取引が可能となります。

スワップ金利が発生

円とドルの金利差にも注目!
取引通貨間の金利差がスワップ金利として日々発生いたします。

例えば『ドル/円』10万ドルのお取引の場合、ドルの買い手はドルと円の金利差(=スワップ)270円/日を受け取ることができます。 ドルを買うことによってドルの金利を受け取り、同時に到達した円の金利を支払うということになるのです。 取引をする各通貨の金利を比べ、高金利通貨を買う場合にはその金利差を受け取ることができるのです。

あくまでも2003年12月1日現在の金利水準の場合です。ちなみにドル売り/円買いのお取引の場合は金利差を支払うことになります。

リアルタイムの為替レートで取引

プロの外為ディーラーを体感!
24時間変動するインターバンクのリアルタイムレートにてお取引ができます。

銀行や証券会社で外貨預金・外貨MMFをお取引する際のレートと比較してみて下さい。 一日中固定されたレートでしかお取引できない不自由さに比べ、マージンFXではいつでもリアルタイムなレートをご利用できます。

売り・買いともに同条件で取引

外貨預金にはない大きなメリット!
ひまわり証券の外国為替証拠金取引(マージンFX)ではマーケットの変動に応じた利益追求が可能です。

例えばドル高になると思えばドル買い/円売りでスタート、ドル安になると思えばドル売り/円買いでスタートできます。 外貨預金は円を売ってドルを保有することになりますから、マージンFXで言えばドル買い/円売りという取引をすることになります。 したがって、ドル高(=円安)の時にはそのメリットも活かされますが、反対にドル安(=円高)場面では保有のドル資産が目減りすることとなり、その状態で円転換しますと為替差損が発生いたします。

取引は24時間

売買チャンスを逃がさない!
オペレーターに直接つながる専用のフリーコールでどこからでもご注文が可能です。

少ない資金で取引スタート

マージンFXの『マージン』とは証拠金(担保金)のことで、『FX』はForeignExchangeの略。
すなわちマージンFXとは証拠金で取引できる外国通貨取引のことです。つまり、予め定められた証拠金率で算出された資金(必要な証拠金)だけでお取引ができますので、株取引のような総代金を必要としません。

例えば1ドル=110円の時、ドル/円(USD/JPY)通貨取引を10,000ドルする場合、総取引金額は1,100,000円となりますが、マージンFXでは約55,000円程度の資金で売買ができます。

取扱通貨

ドル円、ユーロ円などの外貨預金でもなじみのある通貨ペアの他にも合わせて30通貨ペアのお取引が可能です。


詳細・資料請求・お申し込みはこちらから↓


■ 注文の種類

すぐに売買したい時に

値段を指定して注文したい時に

複数の指値注文を組み合わせて注文したい時に

■ 注文の有効期限

指値注文、逆指値注文を設定する時には有効期限を指定します。
マージンFXはお客様のニーズに合わせて様々な有効期限を設定することが可能です。

Day Order

デイ・オーダー (当日のみ有効)
その日のニューヨーククローズまで有効で、不成立の場合には自動的にキャンセルされます。 (アメリカが冬時間のときは東京時間の翌日午前7時まで/夏時間のときは午前6時まで)

GTDH

ジー・ティー・ディー・エイチ (指定する日時まで有効)
約定または指定する日時まで有効な注文です。

GTC = Good Till Cancel

ジー・ティー ・シー (取り消すまで有効)
約定またはお客様が取り消すまで有効な注文です。

■ 預かり資産

お客様からお預かりしたご資産は信託保全により保護されています
マージンFXのお取引口座にお預けいただいたお客様のご資産はすべて弊社が分別管理し、SG信託銀行で信託保全されています。

万一、弊社が倒産した場合でも、お客様の資産は保護されます。

■ 税金

ひまわり証券のマージンFXで発生した益金は、雑所得として総合課税の対象になります。
給与所得が2千万円以下の給与所得者は、年間の益金と他の雑所得を合算した合計額が20万円、または、それに相応する外貨額を超えた場合には確定申告をしなければなりません。

マージンFXの益金には為替差損益のほかにスワップ金利も含まれます。課税の対象は年内に実現した益金に限定されていますので、年内に決済せず、持越したポジションの含み益とスワップ金利はその対象になりません。

■ 取引における注意事項

取引のリスク

外国為替市場で行なわれるマージンFX取引は、小額の資金で多額の取引を行なうことができることから、時として多額の損失をこうむる危険を伴っています。

信用リスク

マージンFXは、弊社またはカバー取引相手の信用状況によって損失を被る危険性(信用リスク)があります。

ひまわり証券の外国為替証拠金取引(マージンFX)資料請求・おもうしこみはこちらから


↑TOP↑
⇒HOME⇒