×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shcml・・・ユーティリティ関連・関連付け変更
対応OS : Win98/2000/NT/XP
作者サイト : 「SHCML」


SHCMLをインストール後、コンテキストメニューに追加したい実行ファイル上で
右クリックします。

すると、コンテキストメニューに「->Add to Context Menu」という項目が
表示されますので、その項目をクリックします。

これで、そのプログラム、フォルダがコンテキストメニューに登録されます。
登録された後は、ファイルを右クリックして登録したソフトで起動させる事が出来ます。このように、関連付けされていないソフトで起動させることが出来ます。

「送る」に登録して関連付け以外で起動させるよりもワンテンポ速いですよ!
さらにコンテキストメニューのルートからプログラム、フォルダの登録を行えるだけでなく、任意のフォルダにショートカットファイルが作成できます。

コンテキストメニューのルートに登録できるものは、「プログラムのショートカット」「フォルダへのショートカット」です。 さらに、フォルダの参照ダイアログを表示させるための項目と、PC 上で利用可能なドライブリストを追加できます。